So-net無料ブログ作成

☆BCリーグ アルビ新潟明日は群馬戦 ☆J1リーグ -新潟、磐田と ー新加入選手

新潟BC、あす宿敵群馬と悠久山で1回戦。

明日7月1日13:00から悠久山球場で、新潟アルビレックスBC(福島・栃木と同率2位=勝率5割) vs 群馬ダイヤモンドペガサス(1位=3戦全勝)後期際一回戦がが行われます。

J1新潟は、磐田とホームで。

同日、ビックスワンスタジアムでアルビレックス新潟(18位=2勝2分12敗) vs ジュビロ磐田(7位=7勝4分5敗)戦が19:00キックオフします。

昨年10月1日2ndステージ第14節の対戦では、2-1新潟がアウエーで勝利しています。その試合の先取得点は、今年から鹿島に移籍したレオ シルバがあげました。

キャプテンマークを巻く、右サイドハーフを務める矢野貴章と、1トップで起用されている山崎亮平との連携かがうまくゆくがどうけかで、浮上のきっかけをつかむと思います。

試合の模様は、NHK BS1で中継されます。また、天皇杯3回戦アルビレックス新潟vsセレッソ大阪は、7月12日19:00から同スタジアムで対戦することになりました。

降格枠脱出なるか、ブラジル人FWと名古屋からDF大武選手加入。

新潟アルビレックス新潟は、ブラジル出身FWドウグラス タンキ(23)の移籍加入と、J2名古屋グランパスからDF大武峻(24)のが完全移籍で加入が決まったと発表しました。

タンキ選手は188㎝、92㎏で左利きのストライカー。2016年から2シーズンメキシコ2部のカフェタレロス・デ・タパチューラでプレーし、出場28試合で10得点をあげました。

2014年から、当時J1の名古屋でプレー39試合に出場しまし。出場は7月21日以降になる見込みです。

大武選手は福岡県出身189㎝、86㎏で。筑陽学園高、福岡大を経て、2014年から当時J1の名古屋でプレーしまし39試合に出場しました。今季は1試合の出場にとどまっています。

明日はある美レックスが熱い。オール県民で応援をしょう!!

☆こんな記事見つけた -納豆菌の効果

ご存知!納豆は、大豆を煮て発酵させたもの。

管理者は、納豆を1日1パック必ず食べます。お粥や雑炊に煮込んだり、温かいご飯にトッピング。今は納豆の冷やし汁が最高ですね。納豆の効用を調べてみました。

納豆は大豆を煮た後、納豆菌で発酵させた食品です。食物繊維も含む大豆まるごとの健康効果に、納豆菌の効果が加わったもので大豆たんぱく質、ビタミンなどを豊富に含みます。

大豆たんぱく質に含まれる大豆イソフラボンは、女性ホルモンのエストロゲンに似た作用を持っています。

納豆菌が発酵して作り出すビタミンK2は、骨にカルシウムを沈着させるたんぱく質の働きを助ける成分です。

ビタミンK2を納豆の1.5倍以上含む商品が「骨の健康が気になる」人のために。他に納豆菌によって「おなかの調子を整える」としてトクホの表示許可を取得した納豆もあります。

納豆菌が作る酵素ナットウキナーゼは血栓を溶かす作用があり、血液サラサラを保つのに有効。納豆のねばねば成分のポリグルタミン酸は、カルシウムの吸収を促進します。

なお、動脈硬化の予防に有効なポリアミンは、もともと大豆に含まれる物質ですが、納豆菌の発酵によって量が増えるため、摂取目安量は1日1パック。

また、ビタミンK2には血栓予防薬のワルファリンの作用を弱める働きがあるため、併用は避けることとありました。
日経Gooday http://gooday.nikkei.co.jp 「サプリメント事典」から


☆竜王戦第4局 -三条市で11月23・24日

竜王戦七番勝負第4局が、長野の「嵐渓荘」で。

日本将棋連盟のホームページに、第30期竜王戦七番勝負の第4局が11月23日と24日、三条市長野の越後長野温泉「嵐渓荘」で行われることが決まったと掲載されています。

七番勝負*なので第5局以降は行われない可能性もありますが、嵐渓荘は第4局なので必ず行われます。三条市で将棋のタイトル戦が行われるのはおそらく初めてかも知れません。

本戦トーナメントを勝ち抜いた挑戦者が、七番勝負で渡辺明竜王と対局します。

昨日の同トーナメント1回戦で増田康宏四段と藤井聡太四段が対局、公式戦で負けはのない藤井四段が勝ち歴代最多の29連勝を達成しました。

次回、藤井四段は7月2日に佐々木勇気5段と対局します。三条市民ならずとも、藤井四段が勝ち進んで渡辺竜王と嵐渓荘で対局して欲しいという期待が大きいです。
----------
*〇番勝負とは、主として、囲碁や将棋の棋戦などにおいて、同じ2名の対局者が複数回の対局を行い、勝数が多い方つまり、7番勝負は先に4勝した方を優勝者とする仕組みを指します。

☆こんな記事見つけた -酒の後のコーヒー② ☆BCリーグ -新潟、巨人3連戦は五分  ☆J1リーグ -新潟、鹿島に×

お酒の後のコーヒーは、痛風にも効果あり?

コーヒーは、他の生活習慣病に対しても効果があるのだろうか?前出の古野純典さんは、あまり知られていないのだが、コーヒーは痛風にも予防効果を発揮するといいます。

コーヒー摂取量と尿酸値の関係は、1日あたりのコーヒーを飲む量が1~2杯、3~4杯、5杯以上と多くなるほど、尿酸値が低下することが確認されたそうです。

痛風の原因である尿酸の血液中の濃度は、「尿酸値」や「血清尿酸値」と書かれ、男性女性ともこの値が7.0mg/dLまでは基準値内で、これを超えれば高尿酸血症と呼ばれます。

コーヒーを飲む習慣がある人は尿酸値も低く、しかも1日あたりのコーヒーを飲む量が1~2杯、3~4杯、5杯以上と多くなるほど尿酸値が低下しやすいことが判明しています。

その量は「1日1杯未満」の人の尿酸値が5.88mg/dLだったのに対して、「1~2杯」では5.75mg/dL、「3~4杯」では5.69mg/dL、「5杯以上」では5.56mg/dLとなっています。

同様の調査を緑茶に対しても行っているのですが、緑茶については有意な傾向は見られませんでした。とも、古野さん。

お酒の後はラーメンではなく、コーヒーでしめてはどうでしょうか。アルコールによる肝機能の低下を抑えてくれます。そして、飲んだ翌朝にもコーヒーを!提案です。
2016-2/4 日経Gooday http://gooday.nikkei.co.jp/ より
新潟BC、対巨人3連戦はイーブン。

昨日25日HARD OFF ECOスタジアムで行わた新潟アルビレックスBC vs 巨人三軍戦3連戦の最終戦は、5-3で新潟が勝ち、対戦成績を1勝1敗1分としました。

勝利投手は中西啓太(4勝5敗0S)、セーブは9回抑えで登板した渡辺雄大(1勝1敗7S)、敗戦投手が南須原大剛(0勝1敗0S)でした。

本塁打はマルティネス(4号ソロ)、二塁打が、川相拓也の巨人選手に、新潟には本塁打が樋口龍之介(2号2ラン)、三塁打楠本歩、二塁打宮沢直人の各選手に出ています。

勝負をかけた巨人は、6回裏二番手投手番田中大輝から堀岡隼人にスイッチ、さらに7回には高井俊投手を投入し新潟の攻撃を無失点に抑えました。

次ぎ新潟は、7月1日13:00から群馬ダイヤモンドペガサスと第1回戦を悠久山球場で対戦します。

J1新潟、鹿島に負け リーグ戦4連敗。

また、カシマスタジアムで行われたJ1リーグ第16節鹿島アントラーズ(4位) vs アルビレックス新潟(18位)は2-0で鹿島が勝ちました。

この試合で新潟は、2勝2分12敗となり順位は変わりません。

呂比須監督の就任初戦の札幌戦で勝って以来、リーグ戦では4連敗カップ戦を含めれば6連敗となりました。21日の天皇杯2回戦で勝利し、波に乗るかと期待をしましたが。

昨シーズンまで新潟でプレーしたMFレオ シルバは、控えメンバーにまわっいましたか後半36分、小笠原に替わって出場。同時にホニに替わったFW鈴木武蔵との対決もなく…。

新潟の次試合は、7月1日19:00からリーグ戦第17節 ビックスワンスタジアムでジュビロ磐田(7位=7勝4分5敗)と対戦します。試合の模様は、NHK BS1で実況中継があります。

☆四字熟語 -暮色蒼然 ☆BCリーグ -新潟、巨人と引分け

今週の四字熟語を、「暮色蒼然」にしました。

暮色蒼然の意味は、夕暮れどきの、徐々にあたりが薄暗くなっていく様子。「暮色」は夕暮れどきの景色、「蒼然」は薄暗いさまをいいます。(新明解四字熟語辞典)

出典は、柳宗元「始得西山宴游記」。

用例に「隅田川も、当時は白魚がすむほどの、澄んだ水で、ことに、暮色蒼然と迫るころの眺めは、得も言われぬ」―舟橋聖一 <花の生涯>-―があります。

新潟BC、巨人戦第2戦は引き分け。

昨日24日HARD OFF ECOスタジアムでおこなわた後半戦第2戦目、新潟アルビレックスBC vs 巨人三軍は6-6で引き分け、対戦成績を巨人が1勝0敗1分としました。

5-6の1点差て迎えた9回裏2死から、ガーナ―この日2本目の本塁打で同点に追いつき引分けました。また巨人の高橋洸選手は8番サードで先発、1安打2打点2四球の活躍でした。

本塁打は、巨人の青山誠(4号ソロ)、マルティネス(3号ソロ)と、新潟は三木怜拳(2号2ラン)、ガーナー(6号ソロと7号ソロ)。

二塁打が、巨人は松原聖弥、新潟が宮沢直人の各選手など、両チーム合わせて20安打が出た乱打戦でした。

また今日13:00から同スタジアムで行われる連戦3戦目の先発投手は、新潟が中西啓太(3勝5敗0S、防御率4.91)、巨人は與那原大剛*投手と発表されました。
----------
與那原*選手は、沖縄県普天間高出身19歳。2015年ドラフト3位で入団、公式戦出場の機会はありません。(6月6日現在)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。