So-net無料ブログ作成

☆大相撲春場所 -小柳新十両に昇進

小柳、新十両昇に決定!本県関取誕生12年ぶり。

日本相撲協会は28日、東京・両国国技館で開いた大相撲九州場所番付編成会議で、新潟市北区出身小柳*(本名小柳亮太、時津風部屋)23才ら、3人の新十両と2人の再十両昇進を決めました。

県出身の関取(十両以上)力士はの誕生は、新潟市出身の豊乃国以来12年ぶり。また、妙高市出身の霜鳳が2011年春に引退して以来、途絶えていました。

小柳以外の新十両は、大翔鵬(本名チミデレゲゼン・シジルバヤル、モンゴル出身、22才追手風部屋)と、明生(本名川畑明生、鹿児島県出身、立浪部屋21才)の2名。

再十両は元幕内の山口(本名山口雅弘、福岡県出身、宮城野部屋)27才と、竜電(本名渡辺裕樹、山梨県出身、高田川部屋)25才です。
----------
*小柳は新潟市立光晴中→金沢学院東高(石川)から東京農業大進み、4年の2015年、世界相撲選手権大会個人男子重量級で県勢初優勝を果たしたます。ことし時津風部屋に入門しました。

☆J1リーグ -アルビ新潟、監督交代

J1新潟、残留をかけて新指揮官に片渕 コーチ。

J1リーグアルビレックス新潟は、27日吉田達磨監督の解任と後任にはコーチの片渕浩一*¹コーチの昇格を発表しました。新潟のシーズン途中の監督交代は、2012年の黒崎久志監督以来2回目。

また、北嶋秀朗コーチと安田好隆コーチが退任し、アルビレックス新潟サッカースクールの内田潤*²コーチが新しく就任いたしました。

片渕新監督が 「君らのチームのまとめる力が必要だ。頼む、力を貸してくれ」 と話した相手は、キャプテンの小林裕紀に副キャプテンであるレオ シルバ、大野和成でした。
----------
*¹片渕浩一郎監督は1975(昭和50)年生まれ41歳、佐賀県出身。佐賀商業高→東海大学からサガン鳥栖を経てアルビレックス新潟へ入団。2003年同ユースコーチから、2006年同ユース監督、

2012~2015年は、アルビレックス新潟育成普及部コーチ兼日本サッカー協会ナショナルトレセンコーチ(北信越地区担当)で、2016年にアルビレックス新潟のコーチに就任しました。

*²内田潤コーチは1977(昭和52)年生まれ38歳、兵庫県出身。桐蔭学園高→駒澤大学から鹿島アントラーズを経てアルビレックス新潟へ入団。2014年より同サッカースクールコーチ。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

☆今日は何の日 -プライバシーデー

今日は、プライバシーデーです。

1964(昭和39)年のこの日は、「宴のあと」 事件で、日本で初めてプライバシーの権利を認めた判決が下され日です。

この事件は、三島由紀夫の小説 『宴のあと』 が、プライバシーを侵害したとして、モデルとされた有田八郎元外務大臣が、作者と発行元の新潮社を訴えていたもの。

東京地裁はこれを認め、三島由紀夫に損害賠償を命じる判決を出しました。判決は、「私生活をみだりに公開されないという法的保障ないし権利」 として、プライバシーの権利を承認しました。

この裁判の判決で “プライバシー” という言葉が使われてから、日本でも人格権として認められ言葉としても定着するようになったということです。
----------
小説 『宴のあと』 の粗筋は、「料亭の女将と元外相で革新政党顧問の野口が結婚。野口の東京都知事選出馬のため、料亭を抵当に入れて資金をつくったが、

料亭を経営していた妻の前歴をあばく怪文書がばらまかれたため、野口は選挙に敗れ2人は離婚する…」 といったものものです。
「gooブログ」 今日のことあれこれと… などより


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

☆「モズの穴」

もずの穴(8) 元川 芹香

今度は唇の右端が上がった。なぜ、なぜって、お前はナゼナゼ星人か! 「はい。人間が勝手に決めた、ウサギにははた迷惑な決まりですよね?」

「そんなことないわよ。ウサギのための決まりよ。食べ過ぎて病気にならないように、それに変なモノも食べないように。あのね、神野君が餌をやっていたところを見ていたお友達がいたの」

間もなく、ウサギが口から泡を吹き出して苦しんだ。それを見ていたボクはとっても怖い顔していたんだろう。神野君は泣きながら知らせにいったのだ。

「すぐにウサギ小屋にいって手当したんだけど、あのウサギ今朝死んだわよ」 「そうですか」 ついには、保健師さんの米神がピクピクと痙攣し大声で怒鳴る。

「そうですかって、いったい君はウサギになにを食べさせたの!」 「天上の花の根です」 ―ボクは夏休みの間、児童相談所というところへ通うことになった。―

そこでは箱庭という子供の砂遊びみたいな事をさせられたり、カウンセラーのオジサンと色々お喋りしたり、夏休み宿題はやらなくていいのかなぁ…という毎日だった。

*****

あの日からアイツは家から消え、変わりに母さんの母さんが田舎の新潟からやってきた。相談所から戻り、玄関のドアを開ける。

母さんがお正月に作ってくれたお雑煮の匂いがした。「惇ちゃん、お帰りなさい。いま、フジ子さんがおいしい大根汁を作ったから、今夜は餅を煮て食べようね」

フジ子さんはお祖母ちゃんだけれども、本人がお婆ちゃんを連想させる呼び名はいやだと言うからそう呼んでいる。

たぶん、母さんが生きていて歳をとったらこんな感じかなと思うくらい、よく似たフジ子さんが出迎えてくれた。 <続く>

タグ:モズの穴
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

☆J1リーグ -アルビ新潟、鹿島に不覚

J1新潟 鹿島に不覚、年間16位名古屋と勝ち点1差。

昨日ホーム行われた、J1リーグ2ndステージ第13節アルビレックス新潟 vs 鹿島アントラーズは、0-2で新潟が敗れました。が、2ndステージの14位、年間15位は変わりません。

新潟が押し気味に0-0で前半戦を終了。後半早々3分、鹿島の柴崎岳がCKからのこぼれ球をミドルで先制。更に後半45分、金崎夢生がPKを決め追加点を許し突き放されました。

この日ベガルタ仙台のホーム、ユアテックスタジアム仙台で行われた vs 名古屋グランパスは、2-1で名古屋が勝ったため新潟との年間勝ち点差が1に縮まりました。

後がない新潟、今シーズンの残り試合は10月1日ホ-ムでジェビロ磐田戦、22日はアウエーで浦和レッズ、29日がアウエーでガンバ大阪、最終17節は11月3日ホームで広島との4戦のみです。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。