So-net無料ブログ作成

☆「燕三条ナンバー」導入-燕三条JC

燕三条青年会議所が、2020年の交付を目指しています。

ご当地ナンバーは、国交省が進める「新たな地域名表示ナンバープレート」の制度です。登録台数がおおむね5万台を超え、地域名の表示が一定の知名度をもつこととされています。

燕三条地域も対象に含まれることから、燕三条青年会議所は、三条と燕両市を対象地域とした「ご当地ナンバー」の導入を進める取り組みを行っています。

ご当地ナンバーの導入申し込みは来年3月末が締め切りで、導入が決まれば2020年に交付が始まります。県内ではほかに、魚沼地域と上越地域で同様の取り組み中です。

同会議所の誕生日記念イベントには、チラシ配りとあわせて署名活動を行い、集まった約250の署名を両市に提出しました。

燕三条地域を全国に発信し、地域振興、産業活性、観光振興に生かしていく目的で、両市に働きかけていますが、三条市は検討中、燕市は実現のハードルは三条市より高そうです。

nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。