So-net無料ブログ作成

☆女子フィギュア -宮原、平昌代表

宮原知子選手、オリンピック初代表。

23日、フィギュアスケートの平昌冬季五輪代表選考を兼ねた全日本選手権で、ショートプログラムで2位だった宮原知子選手がフリーで逆転、優勝と五輪初代表を獲得しました。

怪我を乗り越えて勝ち取った4度目のVは、荒川静香や浅田美代子選手が使用したオペラ「蝶々夫人」。まさに蝶々を彷彿させた、宮原選手の舞でした。

覚えておいでですか?「トリノのオリンピックの女神は、荒川静香にキスをしました」を。2006年トリノ五輪で、荒川さんが金メタルを取った時のアナウンサーの名文句です。

当時、彼女の代名詞となったイナバウアー。得点に加算されないことを承知で、演技に取り入れたものだそうです。自分の個性を出したいと思いからだったのでしょう。

ともあれ 宮原知子選手、平昌では絶対に「金」を…。

nice!(1)  コメント(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。