So-net無料ブログ作成

☆こんな記事見つけた -パソコン操作で「テニス肘」④

テニス肘、ゴルフ肘に効果的な「ストレッチ」。

肘の少し手首側に痛みが出るのがテニス肘またはゴルフ肘です。首や肩の痛みに加え、上腕部から前腕部、さらに手指にかけて痛みやしびれが起きるのは頸椎症が悪化した状態です。

また、テニス肘とゴルフ肘の区別は、手のひらを上に向けて腕を前に伸ばしたとき、肘の外側(親指側)が痛むのはテニス肘、内側(小指側)が痛むのはゴルフ肘です。
----------
テニス肘(肘の外側に付く筋肉を伸ばす)に効くストレッチ
・痛むほうの腕をだらりと下げます。
・親指以外の4本の指を曲げて握り、手首を曲げます。
・腕に力を入れて手を握ったまま、手首を曲げるように。
・手首を曲げた状態のまま、親指が内側に回転するように腕を外側にひねります。
・このとき、肘を曲げないように。
・もう一方の手を添えて、無理のないところまでさらに腕を外側にひねります。
・このとき、肘のすぐ下にある親指側の筋肉を意識して伸ばすように。
・この状態を10秒間キープし、3~5回ほど繰り返します。

ゴルフ肘(肘の内側に付く筋肉)に効くストレッチ
・手のひらを上にして、痛むほうの腕を伸ばして手首を反らします。
・反対側の手で、親指以外の4本の指を押さえて反らします。
・このとき、小指側の筋肉を意識して伸ばすように。
・この状態を10秒間キープし、3~5回ほど繰り返します。
― 2017/12/6 日経Gooday からだケアより ―


nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。