So-net無料ブログ作成

☆こんな記事見つけた -パソコン操作で「テニス肘」③

手首や、親指の付け根が痛む「腱鞘炎」。

①と②では、キーボードやスマホの使いすぎによって、手首付近が痛む「手首の腱鞘炎」や親指の付け根あたりが痛む「ドゥケルバン腱鞘炎」が起きることにふれました。

これらの対策は、安静にしていることが一番ですが、腱鞘炎がひどい時は患部を固定する、湿布を貼るなどの方法も効果的です。あくまでも医師の指示に従ってください。

手首を固定する腱鞘炎サポーターは、内部に金属が入っていて手首に巻いて使います。これを装着した状態でパソコン操作をするのは無理のようです。

次に湿布を貼ですが、腱鞘炎は患部が浅い場所にあり、皮膚から薬が到達しやすいため、湿布は効果があります。

どうしても痛みが治まらない時は、病院などで投薬、腱鞘内ステロイド注射などもあります。それでも改善しないときは、腱鞘の鞘を開く手術を行うことも考えられます。
― 2017/12/6 日経Gooday からだケアより ―


nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。